GMOとくとくBBで高額キャッシュバックを受け取る前に知っておくべきこと

WiMAXのプロバイダを選ぶ1つの基準として「キャッシュバック」という概念がある。これはあらゆるサービスにおいて最も効率良く利用することができる制度だが、気を付けなければならない点がいくつかある。特に高額キャッシュバックを謳っているプロバイダには要注意。

 

そこで、ここでは申し込む前に気を付けなければならない注意点・申し込み時の注意点・申し込み後の注意点(これが要注意)の3点をあらかじめ説明しておきたいと思う。

申し込む前

高額キャッシュバックと言えばGMOとくとくBBだが、このプロバイダで全額を受け取るためにはいくつかの条件をクリアしていけなければいけない。その1つが「新規契約であるかどうか?」だ。
基本的に初めて当社に申込みをした人でなければお得なキャンペーンが適用されることはない。もしすでにGMOとくとくBBに過去契約した事がある場合は、潔く他者プロバイダを使ってWiMAXを契約しておこう。特にGMOの場合は高額なキャッシュバック以外に大した取り柄がないので。

申し込む時

これはGMOに限った話ではないが、あらゆるWiMAXのプロバイダに契約を申し込むときは、必ず電話ではなくWEB経由で申し込みをしておこう。すると会社側も人件費を最小限に抑えることができるので、割引を適用してもらうことが可能だ。ネットの専用フォームからWiMAXを申し込む場合と電話でスタッフと直接話をして契約をする場合では、明らかに料金に差が出る。

申し込んだ後

さて、ここからがGMOとくとくBBで高額キャッシュバックを受け取る方法の説明となる。まずは、大前提として下記の項目を覚えておいてもらいたい。

途中で解約したらすべて台無し

当たり前だが、契約期間を満了できない場合はキャッシュバックの費用は帳消しとなる。3万円の高額キャッシュバックを受け取ったとしても、あとで返金しなければならないので注意。

滞納しても台無し

残念ながら、ある特定の月の支払いがきちんと期日までに行われなかった場合、たった一月でもそれがあれば高額キャッシュバックはナシとなる。厳しいように思われるかもしれないが、GMOとくとくBBのような圧倒的な金額をキャッシュバックしてくれるプロバイダは他に存在しないため、ここは事前に気を引き締めて覚えておいてもらいたいところ。

【最重要項目】キャッシュバックを受け取るまでの流れ

まずGMOとくとくBBでWiMAXの契約を済ませた場合、その地点から11か月が契約するとキャッシュバックの申請ができるメールが送られてくる。しかし、その送り先はあなたが契約時に登録したメールアドレスではない。あくまでも、契約したプロバイダのアドレスに送信されてくるのだ。

 

例えば、固定回線で言うとフレッツ光の契約をする際にメールアドレスが必要になるが、その登録したアドレスにキャッシュバックの申請メールは送られず、新しく設立されたメールアドレスに対して送信されることになるので、非常に忘れやすいという特徴がある。

 

この謎仕様のせいで非常に多くの人々がGMOでキャッシュバックを受け取ることを忘れてしまうケールが多発している。このメールが送られてくることをおよそ1年前からずっと記憶しておかなければ、来年の今頃、きっとあなたは3万円ほどの大金を損して頭を抱えることになるだろう。

 

キャッシュバックの申請メールが届くのは11か月後であり、プロバイダで新設されたメルアドに届く