プロバイダによる差とは?

これまでにいくつかの大手WiMAXプロバイダについて備忘録として書いてきたが、ぶっちゃけた話どのプロバイダも似たようなキャンペーン内容だ。このことは薄々気が付いている人も多いだろう。となると、果たして、それぞれのプロバイダによって一体どんな差別化がされているのか気になるところではあるが、今回はその点についても注目していきたいと思う。

月額料金がそれぞれ微妙に違う

面白いことに、全く同じサービスの内容であるにも関わらず、ましてや大元の回線業者であるUQ WiMAXから設備を借りて、代理で提供しているだけに過ぎない事業者たちなのに、大手プロバイダによってWiMAXの利用料は少しずつ異なる。

カシモWiMAXのギガ放題プラン 月額4,455円
Broad WiMAXのギガ放題プラン 月額2,999円

3か月目以降は3,753円

GMOとくとくBBのギガ放題プラン 2か月目までは月額3,969円

それ以降は月額4,688円

UQ WiMAX

月額4,268円

BIGLOBEのギガ放題プラン

最初の2年間は4,378円
それ以降は4,480円

※この情報は2021年9月25日時点です。

 

もちろん、これらは高額なキャッシュバックキャンペーンなどを差し引く前の料金形態であり、実際には大手プロバイダの場合もっと安くなるだろう。しかし、意外なことに大元の回線事業者であるUQ WIMAXの基本料金は結構低めに設定されており、他に、GMOなどの高額キャッシュバックが前提のプロバイダでは全く同じギガ放題プランでも、やや高めの料金設定となっている。

 

また、キャッシュバックの他にも初月0円や端末代無料などのキャンペーンもある。

端末代が0円になるかどうか?

大体の大手プロバイダであれば、WiMAX契約時に必要となってくるSIMカードを挿して使うWiFiルーターに必要な代金が0円になる。今では当たり前のようなキャンペーン内容だが、これが例えばWiMAXの大元の回線事業者であるUQの場合は普通に2万円程度の費用を請求されてしまう。

 

たしかに信頼感は抜群であると言えるが、果たしてUQから契約をする意味はあるのだろうか?個人的には、数万円の損失を防ぐために他のプロバイダで利用した方が良いと考えている。もし仮にUQ WiMAXでプロバイダ契約を結ぶと月額4,268円の費用とともに最新のルーター代が請求されてしまうので、初月から結構な額の負担となってしまうが、これがBroad WiMAXの場合、初月の費用は3,000円以下に抑えることが可能だ。なぜなら、端末代金が0円だからである。

キャッシュバックとトータル金額の計算

キャッシュバックは言わずもがなだが、5,000円〜30,000円とプロバイダごとに料金が全く違っており、UQでは質素に5,000円。GMOとくとくBBでは豪華に3万円となっている。普通に考えればGMOとくとくBB一択だと思ってしまうだろうが、果たして本当にそうだろうか?まずは、早計にさらずトータル計算から始めてみてもらいたい。

UQ WiMAXのギガ放題プラン 月額4,268円→36か月で153,648円

キャッシュバック額5,000円
3年間で148,648円の出費

GMOとくとくBBのギガ放題プラン 最初の1か月は月額4,378円

3か月目以降は4,688円→36か月で168,148円
キャッシュバック爆30,000円
3年間で138,148円の出費

ご覧の通り、高額なキャッシュバックに釣られてしまいそうだが実はUQ WiMAXの方がお得...と言いたいところが、実際には本当にGMOとくとくBBの方がトータルで1万円以上もお得な料金設定となっている、ただし、キャッシュバックを必ず受け取ることが条件ではある。受け取れない場合は、GMOとくとくBBを選ぶと2万円以上も損をしてしまうので注意。

 

その他オプションによる差

一応プロバイダごとに追加オプションが用意されてはいるものの、基本的には全て外して良いものだと考えている。保証サービスやセキュリティサービスなど、必要に応じて一番安いと思ったプロバイダのところで各自検討してもらいたい。また、auのLTEオプションに関してはどの大手プロバイダも採用しており、その利用料金は基本的にWiMAXの月額料金に含まれていることが多い。

口座振替に対応しているかどうか?

WiMAXを契約したいという人の中には、もうすぐ社会人になる大学生も多いだろう。そういった人はクレジットカードを持っておらず、口座振替ができるプロバイダを選らぬことになると思うが、意外にもネット回線の契約であるにも関わらず、口座振替に対応している大手のプロバイダは下記の3つしかない。

  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE

その他の大手プロバイダは残念なことにクレジットカードでの支払いにのみ対応している。もちろんデビットカードは対象外だ。

即日発送について

ハッキリ言って、WiMAXの契約後何日経てばルーターが送られてくるかということは、あまりプロバイダ選びにおいては重要ではないと思うが、中には一刻も早く手に入れたい人もいるかも分からない。これについては私はこだわっていないので詳しくは語らないが、各プロバイダによっては即日発送に対応していないところも普通にある。そのため、契約前にしっかりとキャンペーンページをよく読んで確認しておいてもらいたい。

 

即日発送に対応している大手プロバイダの場合は、基本的に午前中までに申し込みを済ませないと即日発送してもらうことができないので要注意。もちろん平日限定。得異常時間外や午後のWiMAXの申し込みとなると、残念ながら翌営業日発送に自動的に切り替わってしまうようだ。

WiMAXプロバイダの正しい選び方と3つのポイント記事一覧

WiMAXのプロバイダを選ぶ1つの基準として「キャッシュバック」という概念がある。これはあらゆるサービスにおいて最も効率良く利用することができる制度だが、気を付けなければならない点がいくつかある。特に高額キャッシュバックを謳っているプロバイダには要注意。そこで、ここでは申し込む前に気を付けなければならない注意点・申し込み時の注意点・申し込み後の注意点(これが要注意)の3点をあらかじめ説明しておきた...