基本情報

UQ WiMAXはWiMAXの回線そのものを提供する1つのプロバイダであり、UQコミュニケーションズ株式会社が運営するサービス事業である。

UQコミュニケーションズ株式会社の概要

設立年月日 2007年8月29日(平成19年)
資本金 1,420億円(2020年10月時点)
主な事業内容 電気通信事業
会社所在地

東京都 千代田区 飯田橋3丁目10番10号 ガーデンエアタワー 郵便番号102-8460

事業者区分

電気通信事業者

2021年9月25日時点のUQ WiMAX最新キャンペーン情報

UQ-WiMAX2021年9月25日1

今回のキャンペーンの概要

非常に残念だが、UQ WiMAXはWiMAX回線を準備し電気通信事業者に貸し出している側の会社なので、様々な大手プロバイダと違って目立ったキャンペーンというのはあまり開催されていない。

 

現在のところは、下記のキャンペーンのみである。

LTEオプション料 永年無料

WiMAXはWiMAX2+という回線名のものを使って全国の都道府県からインターネットに接続できるようにしており、もしこの回線でカバーできない僻地があれば、その場合はauの4G LTEを使って携帯電話と同じようにネットに繋げるように対策を取っている。

 

そのため、このLTEオプションというのは絶対に必要不可欠な存在なのだ。これがあるからこそ、WiMAXの回線は安定感を得られていると言っても過言ではない。なぜなら、WiMAXと一般の携帯電話の両方のネット回線を使えるのであれば、従来の携帯電話よりも優秀であると断言できるからである。

 

そして、このLTEオプション料金がずっと無料になるというのが今回のUQ WiMAXの唯一のキャンペーン内容である。一見してあまり大したことのないように見えるが、実はこのオプションの本来の料金が月額1,005円もするというから、契約年数に応じてかなりお得になることは言うまでもない。ただし、適用条件はauのスマートバリューmineというプランに加入している人限定となっている。期間は特に定められていない。

UQ-WiMAX2021年9月25日2

また、残念なことにキャンペーンページを開こうとするとなぜかリンク先が違うページへと飛んで行ってしまう。飛び先はUQ Flatツールプラスのギガ放題プランとなっており、なぜこのまま放置されているのか疑問が残る。

UQ WiMAXでの契約はあまり得しない?

UQ WiMAXは回線を提供している大元の企業ではあるものの、ネット集客においては他のプロバイダに任せているのだろうか。あまり全面的に自社のプロバイダがお得であることをアピールせず、どっしりと腰を構えているようだ。ということは、UQ WiMAXで契約を結ぶよりは、カシモ、Broad、GMO、BIGLOBE、so-netなどの大手プロバイダで最大限に割引されたキャンペーンに参加するのがベストだと言える。

 

他の大手プロバイダはいずれも一定以上のキャッシュバック率や機器端末代金0円などのキャンペーンが当たり前であるため、個人的にはそちらでの契約をおすすめしたい。