基本情報

カシモWiMAXはUQ WiMAXの回線を提供する1つのプロバイダであり、株式会社MEモバイルが運営するサービス事業である。

MEモバイルの会社概要

設立年月日 2016年7月27日(平成26年)
資本金 2,000万円(2020年6月時点)
主な事業内容

MVNO(仮想移動体通信事業)
※自社で無線ツウ線技術に必要な設備を持たずに、他社の提供する回線を代理で事業展開しサービス提供に務める事業のこと

会社所在地

日本 東京都 墨田区 亀沢3-3-14 郵便番号130-0014

事業者区分

電気通信事業者

関連グループ情報

株式会社マーケットエンタープライズ
東証市場第一部 証券コード3135
資本金3億円以上

2021年9月25日時点のカシモWiMAX最新キャンペーン情報

カシモWiMAX2021年9月25日1

つい最近キャンペーンが切り替わったばかりだが、もうすでに別のキャンペーン内容へと切り替わった。前回のキャンペーンに問題があったのだろうか、あまりにも対応が早いため、個人的には申し込み件数が激減したということを邪推してしまう。

今回のキャンペーンの概要

プラン名は「WiMAX+5Gがギガ放題でずーっと月額4,050円」というものになり、その名の通り月々の支払が安くなり端末代金が0円になった。最短即日発送okで前回のプランと同じく従来の4Gに加えて対応エリアが狭いが高速通信が可能な5Gも利用することができる。

 

また、WiMAX+5Gギガ放題プラスプランでは月々のデータ容量は無制限で規制に関しては3日間で15GBまではかからない。ただし、LTEオプションに関しては月間で15GBまでとされている。3日間で容量を超えてしまった場合は規制が入り、その際にはオプション4Gの通信へと切り替えてくださいということだ。

 

これだけで聞くと、従来のプランと一体何が違うのかハッキリとは分からないだろう。

前回のキャンペーンと異なる点1 「月額料金」

今回カシモWiMAXからリリースされた新プランは、前回と違い料金面が全体的にお得になっている。初月は1280円で利用でき、それ以降はずっと一律の4050円で利用できるようになった。まず1つめはこれが大きな点だろう。

前回のキャンペーンと異なる点2 「端末代金が0円に」

なんと、今回から解約時の端末代請求が消失し、条件なしで無料になったようだ。これは非常に大きいのではないだろうか。大手のWiMAXプロバイダにおいてはよくある内容だが、ようやくカシモでも実装されたらしい。

前回のキャンペーンと異なる点3 「契約解除料を値下げ」

今キャンペーンから1年以内に契約を解除した場合は税込20,900円の解除料が。2年以内であれば15,400円。それ以降の更新月以外での解除には10,450円が。そして3年が過ぎると契約解除料は0円へと切り替わるようになった。つまり、3年間利用してもらえればそれで良いという方針になったのだ。

カシモWiMAXの地位はどうなるか?

現段階で言えば、再びカシモWiMAXの提供するメインキャンペーンは大手プロバイダの中でトップクラスに返り咲いたと評価できる。安くして端末代がかからず、さらに自動で5G対応エリア内では5Gを利用させてくれるため、非常に便利かつお得なシステムだろう。ライバルにはBroad WiMAXが存在するが、全ての要素を総合的に考慮した結果、カシモWiMAXが僅差で一番オススメできるのではないかと考えている。


2021年9月20日時点のカシモWiMAX最新キャンペーン情報

カシモWiMAX2021年9月20日

今回のキャンペーンの概要

プラン名は「WiMAX+5G ギガ放題プラスプラン」
初月は0円で利用することができ、WiMAXサービスを利用しネットにスマートフォンをつなぐための端末代金は0円となる。

 

ただし、3年契約のため途中で解約した場合は後日端末代25,000円を請求されるるほか、アンゲートの送付に同意しなければ初月0円キャンペーンが適用されないので要注意。また、もちろん例の如く契約の際には事務手数料として別途3,300円が請求される。

 

送料は無料であり、最短で当日中にルーターを発送してくれるが、夕方5時までの申し込みが条件となっている。

WiMAX+5Gプランの目玉「自動で切り替わる回線システム」

カシモWiMAX2021年9月20日2

従来のカシモWiMAXのプランは、単なるWiMAX2+回線の提供に過ぎなかったが、2021年9月頃からキャンペーンの内容が切り替わった。

 

現在、開催されている今回のキャンペーンでは、「5G」「WiMAX2+」「au 4G LTE」の中から、利用者の現在地に応じて自動的に有効な光線を切り替えてくれるという画期的なシステムが導入され、そのプランを安く提供するというものとなっている。

 

そのため、外出先でカシモWiMAXを使うという場合に、もしもその場所が5Gに対応したエリアであった場合は、自動で最速の通信速度を実現してくれるようだ。もちろん、5Gに対応していない場所であった場合は、従来のWiMAX2+という一般的な回線でネットにつなぐことができる。さらに、その場所がどちらにも対応していない場合は、携帯電話と同じようにauの4G LTE回線へと自動的に切り替えて繋いでくれるため、とても汎用性が高く便利なサービスであると言える。

 

これにより繋がりやすさが格段に向上し、お客からのクレームも減らせるということだろう。実に合理的ではある。

5G 対応
WiMAX2+ 対応
au 4G LTE 対応

時代の変化に先駆け「月間データ容量制限の拡充」

カシモWiMAX2021年9月20日3

現代ではまだ5Gが一般的に浸透しておらず、ほとんどの利用者が4GのWiMAXを使っているが、そこに目を付けたカシモWiMAXは他の大手プロバイダよりも先駆けてギガ放題プランをさらにアップグレードさせることに成功した。

 

これまではギガ放題プランと言えば、毎月のデータ通信量が無制限になる代わりに、3日間で10GB以上を使った場合は規制がかかるというものが一般的だったが、今回のキャンペーンでは、この3日間の使用量がなんと1.5倍へと跳ね上がったのだ。もちろん、その分料金を上がってしまったわけだが、先に述べた自動切り替え機能があるため、これは割安ではないかと個人的に考えている。

 

ちなみに、3日間で15GBという制限は結構緩い。
YouTubeで動画を視聴してもおよそ20時間分にはなるし、ビデオ通話では24時間分。LiNEを使った音声通話では72時間を優に超えた約600だそうだ。これだけの容量が確保されるのであれば、毎日家に引きこもらない限りは大丈夫だろう。コロナ騒動が終着を迎えることで、このプランが一般に広く浸透されるかもしれない

従来のプランとの比較

  【新】WiMAX5G ギガ放題プラス 【旧】WiMAX2+ ギガ放題
接続できる回線

5G対応
従来のWiMAX2+
従来のau 4G LTE

従来のWiMAX2+
データ通信量 3日で15GBまで 3日で10GBまで
LTEオプションの制限

月間で15GBまで
なお、通常のモードでは速度制限の対象外

月間で7GBまで
通常モードでも速度制限の対象となる

保証に関するサポートプランもあり

カシモWiMAX2021年9月20日4

カシモWiMAXから送付されてくるルーター端末をもしも壊してしまった時、一体どうしたら良いのか?という疑問は利用者であれば必ず頭をよぎるだろう。このプランでは、月々330円を追加で支払うことによって、万が一の時でも安心して新しいルーターを手に入れることができる。

 

ある時から、やたら再起動を連発するようになってしまったりだとか、いきなり電源が切れて起動しなくなってしまっただとか、そういった問題は電子機械にはよくあることだ。スマートフォンにも水没時の補償や破損時の対応サービスなどがよくあるが、カシモWiMAXの保証サービスに関しても念のため入っておいた方が良いかもしれない。

 

ホームルーターの使用時にはあまり心配ないかもしれないが、モバイルルーターで契約をする場合には、必ず入っておきたいサービスである。もちろん、単に紛失してしまった場合においても、このサポートの対象内となっているぞ。ただし、紛失に関してはもっとグレードの高い保証プランに加入する必要があるようだ。

カシモWiMAX2021年9月20日5

このキャンペーンに関するQ&A

このキャンペーンは口座振替にも対応しているのか?

対応していない。クレジットカードからの申し込みに限る。また、クレジットカードの名義と申し込み名義は一致していなければならない。

必要以上の金額を請求されることはあるか?あるいは基本料金を超える過大請求の可能性について

ない。月々の支払金額が正式に定められているため、どれだけカシモWiMAXを使ったとしても料金は変わらない。ただし、通信量に関しては例外。一定のデータ通信量をオーバーすると、翌日から規制がかけられてしまう。

カシモWiMAXを申し込むと何日ほどでルーターが届くのか?

最速では申し込みの当日にルーターが発送されるが、翌日になるケースもある。さらに東京から宅急便で1日2日ほど時間がかかるため、時期によってはもう少しおくれる可能性もある。いずれにせよ、即日からカシモWiMAXに携帯をつなぐことはできない。

すぐに解約しても良いか?

基本的に3年間での契約となるため、更新月に解約をしないと違約金が発生する。違約金の額は利用期間によって変動。
2年間以下で途中解約する場合は16,000円の契約解除量が発生し、さらに端末代金として25,000円を請求される。
3年目で途中解約する場合は11,000円の契約解除量が必要。もちろん端末代も同じく発生する。それ以降(3年経過後)であれば契約解除料は発生しない。

送料について

WiMAXの中継器端末(ルーター)にかかる送料は会社が負担するため消費者は支払う必要がない。

契約日を指定することは可能か?

契約日を決めることはできない。申し込みをした段階で、順次決まっていくため、調整したい場合はカシモWiMAXを申込む日を各自でずらす必要がある。

クレジットカードに類する支払い方法について

クレジットカードに似たシステムのデビットカードや、一種のプリペイドカードなどはカシモWiMAXのり払いに利用できるのか→不可

5G対応エリアでなくてもプランに申し込めるのか?

カシモWiMAXであれば可能だが、5G非対応エリアで回線を繋ぐ場合は、自動的に4G LTEモードでの接続に変化される。これは従来の無線通信技術と同じレベルの回線であるため、5Gプランに加入したとしても、現代の催促の通信速度を楽しめるわけではない。しかし、外出先によっては5Gに対応しているエリアに侵入する可能性もあるので、加入しても損はしないだろう。料金は少し上がるが。

初期費用は無料か?

カシモWiMAXの場合は初期費用0円。工事の負担費もない。そもそも工事自体が存在しない。ただし、契約事務手数料として3,000円の支払いを求められる。

オプションはあるのか?

ある。不必要なオプションに関しては、カシモWiMAXに申込む段階でしっかりと確認し、契約しないように注意しておかなければならない。うっかり不要なオプションを契約してしまうと、毎月の支払金額が増えていくため要注意。

カシモWiMAXを一定期間だけ使用停止としたいが可能か?

可能。通信を停止することは可能だが、残念ながら普段通り料金の請求は止まらないため、何の意味もない対応。

サポート体制について

電話だけでなく、メールでの問い合わせもできる。カシモWiMAXのサポートダイヤルは営業日の朝10時〜夕方5時までとなっており、混雑時や営業時間外でも問い合わせフォームからの連絡のやり取りが可能である。

マイページ機能はあるか?

カシモWiMAXの公式サイトに飛べばマイページ機能を利用することが可能。マイページでは、自身の契約内容の確認や、すでに登録した個人情報の変更などができるようになっている。

au以外のキャリアでも携帯をつなぐことができる?

もちろんできる。カシモWiMAXは単なるインターネット回線を提供する事業者であるため、他社の携帯電話でWiMAXを使ってネットサーフィンを楽しむことが可能。

海外は対応エリアの内に含まれるか?

含まれません。WiMAX自体が国内に限ったサービスのため、どう頑張っても国内でしか利用することができない。

解約方法について

カシモWiMAXの解約時にはマイページにアクセスすることで当月末での解約が可能となっている。ただし、20日の夕方5時を過ぎた場合は翌月末での解約となってしまうため、中旬頃になると急ぐ必要がある。
また、もちろんカスタマーサポートへの電話連絡でも解約が可能だ。